夜中のひと匙

難病と双極性障害Ⅰ型のアラサー。放射線治療経験済み。死にかけてICUに収容されるも、しぶとく生き残る。拍手ボタンは遥か下へ。ついったー→@azusa_tsubuyakiも宜しくです。

宣誓、わたしは十年後も

ふとアクセス数を見たらかつてない巨大な数字になっていて、何だろうと思ったら某ギャルゲーのタイトル名を書いたせいか……(^_^;)と納得しました。きっと検索で来た方が求めてる内容はここには無かったでしょうね……ごめんね……

拍手お返事です。

>先日あたしの〜シリーズに

〜女性名の男性作家さん〜

津原泰水名義で執筆された短編集を目にし〜

〜故・井上ひさしさんの『偽原始人』〜

さくらももこさんのエッセイ〜

コメントありがとうございます!

(∩´∀`)∩

津原さんはあのレーベルの「実は男性だった」作家さんの一人ですね。だから星男の描写も、少女漫画的なヒーローではなく、なんというかこう、「思い通りになってくれない、女子とは違う思考の生き物」なリアルさみたいなものがあったと思います。

泰水名義の作品は確か1冊しか読んだことがないんですが、泰水名義のほうがもちろん文章も上手くてお話も複雑なんですけど、わたしはやすみ名義の時のコメディでありながらドライで、シニカルでありながら少女漫画なところが好きでした。特に会話がうまいなーと思います。混ぜっ返すキレがとてもいいです。

『偽原始人』……井上ひさしさんは『モッキンポット師』シリーズが好きです。『偽原始人』はまだ読んだことがないですね(/・ω・)/今度図書館で探してみます!ありがとうございます!

さくらももこさんは『さくらえび』あたりまでリアルタイムで読んでたんですが、そのへんで脱落しました。初期のエッセイは神がかってますよね。あれは衝撃でしたね……また読みたくなってきたので、後で納戸の本棚を探しに行こうと思います。

その他の方もパチパチありがとうございました!

病気の関係で色々と申請したりするんですが、いつも思うのはわたしはアラサーなのでまだ書類を読んで書いたり必要なものを集めたりが的確にできますけど、同じことをお年寄りがやっていると、窓口で何か足りなかったり書類の内容が理解できていなかったりして、すごく時間がかかる上に手続きが進まないんですよね。高齢者も夫婦だけで暮らしていたり独り暮らしだったら、誰か身内にやってもらうとか説明してもらうとかもできないし、分からないまま病院とか役所の窓口で聞いて、そこでばーっと言われてもよく分かってなさそうな場面も見るし、何とかならないのかなあと思います。

すぐ上で『わたしアラサーなんで』と書きましたが、アラサーって何歳までなんですかね?

いや、正解は知りたくないんですけど、とにかくわたしは現在アラサーであって、きっと十年後も変わらずアラサーであることを誓います。

……胸元ギャザーワンピとかキャミワンピとか、パフスリーブブラウスとかドットとか小花柄とかピンク色とかレースとかフリルとか着られなくなったらもうジャージしか無いですよ。潔くジャージ。紺のジャージ。