夜中のひと匙

日々、思いついたことを誰かに話したいブログ。難病と双極性障害Ⅰ型のアラサー。放射線治療経験済み。死にかけてICUに収容されるも、しぶとく生き残る。拍手ボタン(PC版のみ)でもコメントできます。ついったー→@azusa_tsubuyaki

クール便で送ればなんでもクールグッズ

なかなか長い文章が書けなくて更新できませんでした。ツイッターはやってますので「生きてる?」と思ったらのぞいてみてください。

今日は精神科でした。

わたし毎日の調子を手帳(日記くらいに余白があるもの)につけてて、ニ週間ぶんを診察で報告するんですけど、

・躁鬱の経過とエピソード

・新しく処方された薬を飲んでの副作用と、それによる改善点と思われるエピソード

・今一番困っていることは「〜〜」ということで、具体的には○個あり、1つめは〜

以上です、ってまず診察室に入ったらばーっと喋るんですが、今日は先生に「整然とした報告をありがとう」と言われて、整然としてるから今日はわたしは調子がいいらしいです。前々回が一番悪くて、前回はここまで整然としてなかったから、新しく処方した薬は効いてると思う、と言われたのですが、わたしには自分のことながら前回と今回の違いが全く分からなかったので、医者って医者なんだなあと、うまく言えないけど感心しました。

毎回、前回から今日までの間の特徴的なエピソードとそれに対する自分なりの分析を話すんですが、先生は傾聴というのかだいたい「そうだね」と言われます。

わたしが迷走神経反射で倒れた時に母親が何にも決断できず動かなかったという話をした時も、「…たぶん母は冷たいとか関心がないというわけじゃなくて、緊急事態に対応するだけのメンタルがないんだろうなと思うんですよね」と言ったら、「そうだね、それはそういうことで合ってると思うよ」と言われて、肯定されれば安心しますから、話すことに意味はあると思っています。精神の専門家に同意してもらえれば、より納得できるというか。ごくたまに訂正されることもありますが、出来事と人間の心の動きについて正しい解釈を教えてもらうのは、自分の内面に対してとても有意義だと思います。より客観的にその場面を見られるので。

調子がいいと判断されたわたしですが薬は増量になりました(^q^)

長年の友達の誕生月なのでプレゼントを買わねばなのですが、「クールグッズ」を希望されていて、なぜかフリスクとコラボしたスースーするリップクリームを買ったりしているだけであまり前進しません。スプレーしたら涼しくなるやつとか、涼しい部屋着とか気になるんですが、非常にタフガイな感じの人なので、身につけるものはわたしの好みで買うと100%気に入らないと思うんですよね…スポーツメーカーのTシャツとかがいいのかなあ。でも無難すぎてつまんないですよねえ。通院の帰りにショップとか覗いてみたんですが、胸にクマさんがついたシャツとかインコのイラストがついたやつとか、タフガイは絶対に着ないので棚に戻しました。スポーツ用品店に行ってみようかな…クールグッズの定番はスプレーと首に巻く冷たいや

つと涼感枕カバーだと思うんですが、消えもののほうがいいのかなあ。わたしなら部屋着が欲しいけど。可愛いやつ。パイル地でキャンディー柄とかでショーパンついてるようなやつ。

調子がいい日しか見に行けないから、アタリをつけて行きたいんですけど、…もうプロテインくらいしか思いつかない…あと重りとか。

嬉しかったこと。

後輩に「どうか1秒でいいので私より長生きして下さい」と言われたこと。

わたしは1000の嫌なことがあっても、その中に1つでも幸せな瞬間がある限り、人生を肯定したいです。

カラスよ去れ、我が窓辺より

なかなか長文が書けなくて更新できませんでした。

このところ睡眠がさらに良くなくて、2時から起きていたりするので一日がやたら長いです。強い眠剤を貰ってるんですが、イマイチ効いてる感じがしないのと、先日服用したら身体にだけ鎮静がかかって意識は鮮明っていう状態になって、それがすんごく具合悪くて、床をごろごろ転がって二時間苦しんだのでもう飲みたくないです。

前回の精神科の診察で、いつにも増して受診したくなくて(もともと積極的に受診はしたくない)、診察室に入っても何も話したくなくて、なんかだんだん身体の向きも先生に対して斜めになってきて、無意識のうちに顔もそむけてて、「とにかく話せません」で押し切って帰ってきてしまいました。帰宅して、相性が悪いのかなとか色々考えたんですが、もしかしたら陰性転移なんじゃないの?と思いまして、お医者さんにこういう状態になるのも初めてだし、戸惑っているというのが現状です。

転院してもう一年近いですが、前医と診察スタイルが違うのでそこがまだ馴染めません。前医には、わたしが前回の診察以降で気になったことを最初にばーっと報告して、終わったら前医が初めて口を開いて、わたしの話の中から重要なポイントのみを選んでコメントするっていうスタイルだったんですが、今の先生はわたしの言ったこと全てに回答してくれる人で、それってすごく有り難いし良い先生だと思うんですよ、だって前医の時はわたしが気にしてるポイントがスルーされることもたくさんありましたから。でもスルーされるってことは医者的には大きな問題ではないってことで、逆に自分では「一応言っとくか」くらいのことを、前医が取り上げてくることもあって、そういう時は、あぁそれって気付かなかったけど大事なこ

となんだ、と知らされるような気になったりして、なんかそういうスタイルで長くやってきたので、全てに回答してくれる今の主治医とは、まだ噛み合ってない部分もあったり…でも、「話せば先生は必ず回答してくれる」っていう救いみたいなものも感じていて、「この先生は見放さない」「助けてくれる」っていう印象も強くて、前にも書いたけど転院してよかったという気持ちは変わりません。「治してくれるのが良い医者」だと思っているので、去年の今頃の絶望的な苦しみを取り除いてくれた今の主治医を選んだことは間違っていないと思います。

友人にピクルスを作るのを勧められて、母に話したら作ってくれまして、もともと酢は苦手なので酢タマネギも挫折したクチなんですが、ピクルスは美味しくて毎日食べています。すごく簡単なのでオススメです。キュウリと長芋が美味しいです。

賢い処世術

看護学校の授業で、ベッドに生徒同士交代で横になり、ベッド柵をすべて立てたらどう感じるかを学ぶというのがあったんですけど(柵は棒でできてるので視界を遮るような壁ではありません)、柵という数本の棒に囲まれただけでもほとんどの人間は「狭苦しい、制限を感じる、落ち着かない」と感じるそうです。

しかし稀に「むしろ安心する」という人もいるそうで、まさにわたしがそうだったんですけど、やっぱりメンタルを病んでる人はそう感じる割合が高いんじゃないかなあと思います。「閉じ込められてる」んじゃなくて、逆に「守られてる」と感じるんじゃないですかね。

全然関係ないけど、これも授業で「患者の心を傷つけるだめな言動の看護師」をアドリブでロールプレイしたんですが、先生に「すごく上手い」と言われて全員の前でやらされまして、授業の後で「杏紗さん女優みたいだったわ…」と多数から言われたんですが、あれはわたしが深刻な話をしている時の母親の態度を真似しただけなんですよね。

●一切の相槌を打たない、無言

●話してる人に背を向ける

●今やらなくていい片付けを始める(大きな音を立てて話者の声を遮る)もしくはテレビをつける、掃除機をかけ始める

●大きくため息をつく

●指で机をトントン叩く

●何度も首を傾げる

●話してるのに無言で部屋から出ていく

これで完璧ですよ。

本当に傷つきますんで!わたしって透明人間なのかな?って思いますから。でも凄いですよね、よく人にこんな態度とれますよね〜。幼い頃からずっとですからね!幼児を無視して何かスッキリするんですかね?ウザいとか?

でもおかげでわたし他人から無視されるの当たり前だと思うようになったので、無視は平気です。親しくしてた人が、ある日突然ふいっと無視してきたとしても全然どうでもいいです。人ってそんなもんだと思ってます。

無視する人は弱い人ですよ。真正面から向き合えないで、避けることが賢い処世術とはわたしは思わない。

最近は息苦しくなったり手足の冷感、吐き気、目眩が多くていやんなってきました。レキソタンの消費ペースが速すぎる。

図書館で借りた「よく分かる聖書」的な本が、受験の参考書みたいで分かりやすく面白いです。真正面から聖書を読むのは挫折したけど、内容が知りたいというわたしにはうってつけでした。

スルー気質

部屋にあった学習机を分解して捨てました。もう机にむかって勉強することもないと思うし。苛々が酷かった時に蹴りまくって壊れかかってましたしねえ。パソコンも全然起動してないなあ。生産性のあることはなーんにもしてない。

離人症の症状で、時たま母が母の皮をかぶった宇宙人に思えるというのがあって、母の見た目をした偽物が家の中をウロウロしていると感じることがあるんですよね。本当に宇宙人にすり替わっていると思ってるんじゃなくて(それは別の病気になりそう)、自分でも「これは症状だ」と分かってて、そのうち落ち着くんですけど、不思議ですね。母に言ったら「おもしろーい!たまに宇宙人に入れ替わってたら楽しいよね!アハハ!」と喜んでました。特に辛いこともないんでいいんですけど。母はUFOが好きなので、宇宙人が気に入ったんでしょうね。

自分はスルー気質のある人と相性がいいんだなと気づきまして、わたしは絶対うざいんですよ、だからわたしが100出してるアクションに対して、30くらいで付き合ってくれる人と長続きしてるんですよね。わたしは100全てに付き合ってほしいとはそもそも思ってなくて、それも伝えてるので、向こうの都合のいい話題で30くらいが返ってくれば満足なんですよ。なんていうか、ラジオにハガキ送ってる感じで、色々親友に話したいことを送りまくって、そこからパーソナリティである親友が興味のあるトピックを採用するっていう感じですかね。だから100送られて70を無視することができる人と相性がよくて、そもそも100も送られたくないとか、全てに返事をしないといけないと思うタイプの人からはウザくてウザくてたまらないんだと思い

ます。あと「〜について感じたこと考えたこと」を聞きたくない人、わたしの経験談に興味のない人ですかね。しかしもちろん、知人レベルの人に100も送ってないですよ。でもわたしが知人レベルじゃないと思ってるのが勘違いだったり、途中で相性が合わないと発覚することはあるわけで、そういう人にはご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちとともに消えますが、ご迷惑をかけた時点と気づいた時点にはタイムラグがあるので、向こうからしたら消えたというより切ったということになりますが、切って頂いて構いませんので本当に失礼しましたと思っています。わたしは常に迷惑をかける側だと思ってますので、相手側の都合で切ってもらうのは全然恨みにもなんにも思いません。

近頃、生活リズムが老人仕様になってきていて、夕飯は17:30だし、20時には明かりを消して布団に入ってるし、朝は3時には起きてます。そしてやたら息が苦しくなったりパニックになりそうになったりして、自律神経が不調です。

近頃、ブログをやってる意味みたいなものを見失っています。

なんだろうなあ、本当に出会わなければよかったのにっていう人っていますね。

定食が苦手ですね

わたしの座右の銘は「足るを知る」なんですけど、「足る」のレベルって、落とそうと思えばどこまででも落とせるじゃないですか。もうとりあえず生きてれば「足りてる」みたいな。本人の設定によりますよね。

というのは、スーパーで安かったから母親が「オールブラン フルーツミックス」を買ってくれたんですけど、食べてみたらすんごい美味しくて、フルーツグラノーラより甘くなくてゴリゴリ噛みごたえがあるし、ドライフルーツもほどよい量で食事っていう感じが強いんですよね。フルーツグラノーラは美味しいんだけどお菓子の感覚に近いというか。それで食べながら思ったんですよ、「これ毎日たべたいなあ」って。でも我が家の経済状況では無理なんですよね。わたしが朝食に食べるものを買う余裕はないので。コーヒー豆買いたいとかチーズ食べたいとかカップスープの素が欲しいとか色々ありますけど、「足りて」るので、それはなくても生きていけるし。もっと言えば家にネット回線引きたいとか部屋にストーブ欲しいとか

、ブラウン管テレビをデジタルテレビに変えたいとか、きりがないですけど、「足るを知る」ですから、とりあえず飢えずに布団で寝られるんだから恵まれてるって思います。ゲームも買ったし。化粧品だってたまに買えるし。

最近「斗」の字を使った名前が多いじゃないですか。この字を説明する時に、わたしは「一斗缶の斗」と言うんですが、イマイチ即座に通じないんですよね。北斗七星の斗、がいいのかなあ。だから電話で(紙に書いて示せない状況で)説明しづらいお名前は大変だなあとしみじみ思っていて、他人の名前を見るたび、この名前は電話でどう説明したら一瞬で通じるかを常に考えてしまいます。例が難しいですけど、「萬釉爾」とか(もし同名の方がいたら申し訳ありません。マユミ、で漢字をあてました)、すごく説明が大変だと思うんですよ。自分と相手の国語のレベルが同じじゃないといけないし、芸能人で説明するなら同年代じゃないと通じないですから。

コンタクトレンズって安いですよね。高校生になる時に初めてコンタクトレンズを買ってもらったんですが、その頃は今みたいに手軽に1DAYなんて買えなかったので、2年?3年?使うレンズを三万円くらいで買ってました。毎日のケアも煮沸消毒で、しかもその溶液は自分で精製水を買ってきて、粉を溶かして作るんです。面倒だったなあ。途中から煮沸消毒じゃなくなって、ケア用品も買うだけでよくなって、でもドライアイが酷くて(涙が通常の十分の一しか出ない)常に目が傷ついたりトラブルが起きるようになってしまったので、社会人になってから眼鏡に変えました。でも眼鏡も三年くらいで買い替えなきゃいけないんですもんね。何にせよお金がかかりますねえ。

メンタルの調子が悪いと、複雑なものを食べられなくなるんですよね。何種類かの材料を使って炒めたものとか、煮たものとか、とにかく食材がたくさん使われてると辛いんです。単純におにぎり、とか、メロンパン、とかカレーライス、かけうどんくらいなら大丈夫なんですけど。なんていうのかなあ、食材に圧倒されるっていうか…頑張れないっていう感じですかね。だから単品を食べたいんです、常に。

そして今すごくチョコレートが食べたいんですけど、買いに出ることができないので我慢してます…どうしても我慢できなかったら、夜にコンビニ行こうかな。この明るい陽射しの中、出かけるのは無理…

拍手パチパチありがとうございます。励まされます。

肝っ玉NOTHINGかあちゃん

たまに血管迷走神経反射とかいうのになるんですよね。夜中にトイレに行って便器に座ってるとザーッと血が下がる感じがして、がくがくして座ってられなくなって、床に倒れる頃には呼吸が激しく冷や汗ダラダラになる。三十分くらいでおさまるんですが、昨夜は腹痛でトイレに行ったらまたそれが起こって、我慢できない腹痛+その症状で死ぬかと思いました。お腹は激痛だわ血圧は下がるわで、目の前でのんきに炊いた米をラップに包み続ける母に「お母さん苦しい!!」って床から叫んだら「私は何をすればいいの」「水飲むの?薬?どの薬?」「だから私は何したらいいの?」ってすごい問いかけられて、冷や汗でびしょびしょの過呼吸の血圧降下中かつ腹痛のわたしは(自分で考えろよ!)と思いながら床に倒れていました。その

まま三十分くらい経過。床に寝てると寒い。ただでさえ血圧下がると寒いので、途中からがくがくしてました。そして枕が欲しかった。

血圧下がるのは本当に苦しいです。そして極限に苦しいのに母親に指示できないです。ていうか床に倒れて全力疾走くらいの呼吸に冷や汗で痛い!苦しい!って叫んでるのに米をラップし続けるメンタルすごい。その後も食器洗ってたし。

母親は決断のできない人間なんだなあとしみじみ思いました。「どうすればいいの?何をしたらいいの?救急車を呼ぶの?呼ばないの?どっち?言ってよ!」って緊急事態の人間に指示を仰がれても、考える余裕もないですからねえ。あと、目の前で大変な感じになってるのに「今それをやるの!?」っていう行動をとるのは、思考回路がずれてるんでしょうね。急病人がいる→【通常なら】そばについて見守る、背中をさする、相談ダイヤルにかける等【母親の対応】急病人は放置してとにかく皿を洗う…「病院に行くなら早く片付けなきゃ!」っていう思考なんでしょうね。皿を洗ってる間に意識失ってたらどうすんのかね。

ちょっと出かけるとすぐ寝込むので寝てるのですが、そうすると筋力も落ちて神経も弱るし、どうすりゃいいのかと。