夜中のひと匙

日々、思いついたことを誰かに話したいブログ。難病と双極性障害Ⅰ型のアラサー。放射線治療経験済み。死にかけてICUに収容されるも、しぶとく生き残る。拍手ボタン(PC版のみ)でもコメントできます。ついったー→@azusa_tsubuyaki

動けばどこかで何かが揺れる。

まず拍手お返事から。

1/20の方。

>おかえりなさい。

待ってました〜

お湯に蜂蜜溶かして飲んで〜

感情移入って大事〜

ベルばらが中高生のときより凄く面白くて

主人公達に年齢が近い〜

戻ってきました〜ありがとうございます(*^^*)

温かいお迎えの言葉、嬉しいです。

蜂蜜をお湯に溶かすの美味しそうですね〜♪蜂蜜って独特のコクがあるので、癖になりそうですね!わたしも蜂蜜買わなきゃ(^ω^)

ゴーストハントはなんでこんなに遅くはまったのか分かりませんが、いいですね、ティーンの世界って、前向きな明るさに満ちてますよね。きっと明日は楽しい!っていうトーンが流れてて、そういう世界から追い出されたオトナとしては、懐かしく羨ましく読んでおります。

ベルばら、わたしは途中までしか読む機会がなかったんですけど、すごく面白かったです。あどけないが故の贅沢三昧…アンドレに感情移入して読んでました。いつか最後まで読まねばと思っております。

やはり登場人物と同世代だと、持っている経験値が同じくらいなので感情移入しやすいですよね。明るいティーンには、人生に描いた夢への挫折、かつての友達との格差、理想から遠い仕事、虚しさ、後悔、意味を見つけられない生活、みたいなものはないわけですし。それでいてまだ我々は、人生の終焉、死を見つめるところまでは達していない世代ですので、そういう物語を読んでも難しいのかなとも思います。ただ、わたしの考えでは、登場人物の年齢は現実の自分より下よりは上であるほうが読みやすいと個人的には思います。

できるだけたくさんの、ときめく作品に出逢いたいですね。いつも何らかの作品にはまっていられたら幸せだなと思います。

その他の方も拍手ありがとうございました!

スマホの脚本アプリというので脚本を書いています。といってもたいてい寝ているので、布団の中で調子が良いときに寝ながらポチポチ打っています。

脚本だと地の文を書かなくていいので展開がどんどん進みますね。

やっぱりわたしは何か書いていたいです。元気だったら、というか通常の精神状態だったら、きちんとパソコンで小説の形で書きたいです。でもそれをやれる状態じゃないので、一日数時間でもパソコンに向かうことができればいいのですが、今は寝ながらスマホに打つのが精いっぱいです。

ブログの更新もついったーの更新も全部寝ながらやっています。

意欲、元気、気力が湧いてきたら、死ぬとき後悔しない生き方をしたい。あー死ぬのかーでもあれもこれもやれたから、まあいいか!って終わりたい。この間ショック起こして死にかけた時は、えっここで?これで終わるの?まだ何もしてないじゃん!まだ何も残してない!って焦りましたから。

やって後悔、やらないよりマシ。

ご連絡。

デザインを変更して、拍手ボタンを右サイドバーに移動しました。ついったーも表示させました。

あけました。

ごぶさたいたしました。

もう時期外れですが、明けましておめでとうございます。

今年も当ブログにお越しいただければ幸いです。

年頭ということで最初にお詫びを書いておきますが、わたしにはある強迫観念があり、具体的にどのようなものかは言えないのですが、そのために一度アップしたものを消したり書き直したりします。本来、一度アップしたものは消さない、訂正するなら訂正が分かるようにするべきだと思いますが、大変申し訳ありませんが勝手ながらそれができませんので、今年もそういうことが多々あると思います。先にお断りしてお詫びしておきます。ついったーも同じようなことになります。不快に感じられたら申し訳ありません。

自分の書ける範囲で、今年も色々考えたこと、辛いこと、興味を持ったことを書いていけたらと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年末にしばらくお休みすると書いた時に、帰りを待っているとコメント下さった方ありがとうございました。とても嬉しかったです。ブログを休んでいる間の支えになりました。

ついったーは続けています。特にどなたかと絡むこともないので、ただのその時の呟きです。見てくださっている方ありがとうございます。

先日、母親が行きたいというのでスーパー銭湯に行きまして、わたしはそれほど風呂好きでもないので、さっさとあがって脱衣所で着替えて、髪を乾かそうかなというところに母親があがってきたんですが、無言で裸のままイスに座ったんですよ。うつろな感じで。のぼせたのかと思って、水飲ませたり冷たくしたタオルを首にかけたりしてたんですが呆然としてまして、近くにいたお婆さんに「横になったら?」と言われまして、横になるにしてもとにかくぱんつをはかせたくて、ぱんつをはいていない人間は緊急事態ですから、母親のロッカーからぱんつを出して、そしたらわたし無意識に足を入れるところをくるくるってたぐって、片膝ついて母親の足を持ち上げて穴に通そうとしてて、その時に、なんでわたしこんなにスムーズに

動けるんだろうって思いまして、しばらくの後に、ああ看護学校でやってたからだって気づいて、なんか複雑な気分になりました。

母親は全然無事だったんでいいんですが、やっぱり身体で覚えたことは忘れないんだなあと思いまして。

中退した辛い思い出しかない看護学校ですから、なるべく思い出したくなかったので、微妙な気持ちでした。

看護師になりたかったです。

でもわたしの精神病レベルじゃだめだってはっきりしたし、もう准看とかでも挑戦するつもりもないですけど。

もし病気がなかったら、看護師になりたかったですね。

実際的に人の役に立つ人間になりたかったんです。何か事態が起きた時に、誰かを助けられる人になりたかった。

今のわたしは無力ですから。

つい最近まで激鬱でして、薬を増やしてもらったら少し上がってきました。しまむらで毛布みたいな生地のルームウェアを格安で手に入れたので、それを着て日中は眠っているか横になっているか、何かしたいけどやる前から疲れていて、湧き上がってくる意欲(「やるぞー!」みたいな)が半年以上、一度もなくて、ぼんやりしています。

でもこないだ布団の中でネットを見ていたら、「ファタモルガーナの館」っていうゲームが面白そうだなと思いました。ゲームも全然できなくなっちゃったんですけど、誰か代わりにやってくれないかなあ。わたしは横になってそれを後ろから見ていたい。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします。

わたし汚染恐怖が強いんですけど、うちの母親はいつ洗ったのか分からない変色した台ふきんでテーブル拭いたり、汚れを拭く→放置→拭く→放置を繰り返して、それで手を拭いて刺身切ったりするんですよね。

昨日、母親がから揚げ揚げてたんですが、まな板から生肉がはみ出して水切りかごにくっついてて、そういうの見ちゃうからわたし母親の料理してるところは見ないようにしてるんですけど、昨日は見ちゃって、あああの水切りかご、洗いもせず使い続けるんだなあ、洗った皿に生肉の菌がどんどんついて…

と思ってしまって。しかもから揚げにしてた鶏肉が期限切れた古い肉で、それも絶対食べたくなかったから余計ダメで。口出しするとふてくされるんで、肉ついてるよ…だけ言って部屋に逃げて、料理が終わった頃さりげなく台所に行って自分の食器と水切りかごも洗おうとしたら、後ろから

「それは全部洗いましたけど!

でもまあ?また洗って頂けるなら構いませんけど?」

って言われて、とりあえず自分の食器洗ってたら、

「もうそんなに気になるなら、お母さんが作った料理なんか食べられないですね!(嘲り)」

って言われて、わたしの汚染恐怖は母に関係するんですよね、それで入院もしたんですが(メインは違うけど)、それでも攻撃されるなら、死ぬしかないんだと思って、でもできなくて、我慢できなくて泣きながら

「どうしたらいいの?病気のせいでこうなってしまうのに、薬飲んでも治らないのに、どうしたらいいの?」

って言って、安定剤を飲んで寝るしかできなくて、なんか、この人は結局何も理解してなくて、なんだろう、悪いけど本当に気が合わないし、人間として嫌い。血がつながってると思えたことないし。

人間として嫌い。

冷たくて物質的な満足しか理解できなくて、どれだけ言葉で人を傷つけても自分の罪に気づかない。

わたしが強迫観念で(それのみじゃないけど)入院するしかなくなっても、その症状を話したら「ばっかじゃないの?」って嘲って笑われて、いつも生きる力を奪われる。

口を開けば他人を馬鹿にしてばかり、娘なんか欲しくなくて、息子が欲しかったんだよね。娘には、自分がしてもらえなかったことは絶対にしたくない。自分より幸せにはさせない。気分次第で八つ当たり、無視したって、わたしは苦労してるんだから仕方ないっていう思考。

指摘してもらえなくなったら終わり

うちの母は四捨五入すると還暦なんてさようならな年齢なんですが、もともと冷たく人を馬鹿にした性格をしていましたけど、年を取って攻撃性が現れてきました。

街を歩いててぶつかりそうな人、地域の迷惑行為をしている人に、聞こえるように通りすがりに嫌味を言うんですよね。本人は「非常識な輩に言ってやった!」みたいに得意げなんですけど、はっきり言って危ないし、地域で揉めると面倒だし、他人に聞こえよがしの嫌味を言うなんて下劣だと思うんですよね。

他にもスーパーで「えぇー?地元のキャベツが置いてないいい!やだやだー泣きたくなるー!」みたいなことを店員さんの傍でわざと言うんですよ。「うっそー!買えるものないじゃないこれじゃー!泣いちゃうよー!」とか。いたたまれません。品出しのバイトさんに言われても、向こうも困りますよ。でも母は注意するとふてくされるので何も言えません。母が言うには、「ああやって消費者の声を伝えることでスーパーが気づくんだ」と。ただのおかしなクレーマーだと思われるのが関の山だと思うんですがね…

現実を都合よくねじ曲げてストーリーを作り、被害者意識で訴えるというのもよくやるようになりました。猫カフェに行った時、30分でいくらという料金計算で、30分は短いのでわたしが1時間いようか、と言ったんですよ。だから1時間の料金を払って帰ってきたのに、「ほんの少しオーバーしてたのかねえ、30分で出たのに1時間ぶん取られた。もう二度と行かない!」って何度も何度も言うんですよ。「この薬は2回しか飲んでないのにたくさん飲んだみたいに言われた!」って、わたしが見てる限り2回では済まないくらい服用してたと思うんですけどねえ…でも指摘するとふてくされる、無視する、が始まるので何も言いません。

現実を正しく認識できないんですよね。母はもともと理解力があんまりないんですけど(例えばCMの意図が読み取れない、伏線が理解できない、比喩が理解できないなど)、年を取ったら理解できなかったことを自分で都合の良いストーリーに作り変えちゃうみたいなんですよね。そしてそのストーリーの中で、何度もプレイバックして、どんどん被害者意識が高まっていくんです。

耳も悪くなりました。話しかけると9割は「え?」と聞き返されます。耳を検査してもらったら、と勧めると「あの耳鼻科大ッキライ!!!絶対いやです〜(笑)」

…………。

こういうこと多いんですよね、内科に通院してるんだから、あの症状も言ってみたら、と提案すれば、「あの医者には言いたくないっ!!」って、だからもう最近は何も勧めないことにしました。思うとおりにやればいいし、親切心で何か言って、無視されたりふてくされて見下されたりするのも馬鹿馬鹿しいですから。

加齢で重い物も持てなくなり、昔はわたしを置いて山でもどこでも上って行ったのに、もうあの頃の母はいないんですね。

このままどんどん、本能的な行動が多くなってきたら嫌だなあ。

とにかく母の、聞いてる側がすべての気力をなくすような、鼻で笑った侮蔑の言葉、見下し、嘲るあの言い方を、誰か指摘してくれないだろうか。以前舌打ちした人のことを何回も何回も未だに「びっくりした!!ありえないよねー(嘲笑」って言うけど、あなたが「はんっ!!(嘲笑)」って鼻で笑うほうがヤバイと思う。

指摘してもらえる、忠告してもらえるというのは、本人に素直さと謙虚さがあるからだと思う。ありがとうございます、直します!っていう人には忠告できるけど、「………………ああそう、ああああ悪かったですね!!はっ(嘲笑)その後無視」という人には忠告も指摘もできないですよ。

損なんですよね。自分が。

アラサーに世界は広がっていない

昔、微妙な関係だった人のことを思い出している日々。

恋愛は苦しい。

嫉妬はせつない。

でも分かり合える人だった。

それだけが残っています。

乳飲料の甘酒というのを飲んでみたのですが、あまいですねー。甘酒って甘いですもんね。でも美味しかったです。

甘酒、注目されてますね。初詣の時に、寒さに震えながら吹雪の中で紙コップに入った湯気の立つ甘酒を飲むのが恒例行事ですね。

ゴーストハント読んでるんですが、なんていうんですかね、中学生くらいだと、「もしかしたらわたしも、ある日突然こんな世界に飛び込んでいくかもしれない!」感があると思うんですよね。だから作中に流れる時間を、身近に、ある意味リアルに感じられて、それでどんどんはまっていけるんだと思うんですよ。だから主人公は自分だし、自分の現実と作中はつながっていて、作中はパラレルワールドというか、あり得るかもしれない未来というか、説明が難しいですが本の中に現実世界の可能性を見られるというか、そういう感覚が、少なくとも昔のわたしにはありました。

大人ってなあ。

その一言です。

久々にティーンズ小説(リライトされてますし、その枠を超えている作品だと思いますが、あえてそう呼ばせていただくとして)を読んで、大人になっている自分に気付かされました。

もう自分イコール主人公になれないんですよね…

わたしはもう女子高生じゃないし、きっとこの物語に役をもらうなら、脇役の大人のうちの一人だよなあと思います。女子高生で、波乱に満ちたドキドキの事件に飛び込んで、ドタバタ、混乱、ときめき、なんとか解決!っていうメンバーには、わたしはもうなれないんだよなあ。

多分、中学生の時に一度読んでいたら、大人になって再読しても抵抗なくその世界に入れるんだと思うんですよね。通行証を持ってる、みたいな。

小説はとても面白いです。ティーンズ向けに書かれたものなので一人称だし、当時の独特のノリはありますが、読みやすく、かつ、しっかりとした展開になっていて、ファンが多いのも納得です。

だから「中学生の時に読みたかった」。

どんな小説にも最適年齢ってあるのかなと思います。もちろん何歳でも読めるんだけど、その小説の持ち味や世界観を最大に発揮できるターゲット層が、あるのかなと。ティーンズは分かりやすいけど、一般小説に置いてもそういう面はあるんですかね。

作家さんはそういうのを想定して書いてるんですかね。

何にせよ、あんな物語を書けるなんて本当にすごいですよね。凡人は読みながらほええーって言ってるだけですもん。

とにかく最終巻まで読みます。

拍手ぱちぱちありがとうございます。

掛け布団カバーをフリース地にしたことでかなり温かさパワーアップです。

最近やたらと眠い。

クリスマスですね、もうすぐ。